ホーム > 近代美術作家 > バルチュス >  バルチュス略歴

バルチュス
Balthus(1908−2001)


 1908年にパリで生まれる。本名はバルタザール・ミシェル・クロ
 ソウスキー・ド・ローラ (Balthasar Michel Klossowski de Rola) 

 父親はポーランド貴族で、母親はブレスラウ(ヴロツワフ)生まれの
 ユダヤ系ドイツ人。
 また、実兄のピエール・クロソウスキーはマルキド・サドやフリード
 リヒ・ニーチェの研究者として著名な作家である。

 ほとんど独学であったバルテュスは、ルーヴル美術館で古典絵画の巨
 匠たちの作品を模写したが、なかでもピエロ・デラ・フランチェスカ
 の影響が大きいとされる。
 古典を消化した、堅固な構成と繊細な描法でモニュメンタルな女性や
 少女像を多く描いたが、活動当初はシュルレアリスムや表現主義の全
 盛期であったため、作品の売り込みに苦労 したバルテュスは一時衝
 撃的な題材を描き、話題集めに腐心した。

 1937年アントワネット ド ワットヴィル(Antoinette de Watteville)
 と最初の結婚をし、息子スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ 
 (Stanislas Klossowski de Rola) をもうけるが、後に離婚。
 しかし、この先妻とは生涯友人であり続けた。
 スタニスラスは、後にバルテュスの作品集出版に当たって執筆を担当
 している。

 1962年パリでの日本美術展の選定のために訪れた東京で、当時20歳だ
 った節子・クロソフスカ・ド・ローラと運命的な出会いをする。
 1967年に結婚。
 節子夫人も画家であり、2人の間には1973年に誕生した娘春美(ハルミ
 クロソフスカ=ド=ローラ、ジュエリーデザイナー)がいる。
 バルテュスの生前、本人の意志により夫人は基本的に和服であった。

 勝新太郎はバルテュスの山荘に招かれ、居合抜きや三味線演奏を行な
 ったことがある(ドキュメンタリー映画『バルテュス』)
バルチュス画面に戻る