カッサンドル

Cassandre

   ホーム > ヨーロッパ作家 > カッサンドル 
購入のご案内
売却のご案内
  

ドイツのバウハウスによる合理主義的・機能主義的な
デザイン思想を基に、キュビズムの影響を受け直線的
でそぎ落とされたシンプルな形態の中にも特別に光る
デザインを追求したアールデコ様式としては最も有名
なグラッフィックデザイナーであるカッサンドル。  

在庫は全て弊社在庫です
カッサンドル「PARIS」
クリックすると拡大画像が見られます

作家名カッサンドル
制作年1935
技法リトグラフ
絵のサイズ縦101.5X横62cm
絵の状態シミ、破れ、裏打ち有
額サイズ縦142.5X横85.2cm
額の状態新  品
サイン鉛筆サイン
額の仕様銀光沢額縁
マット麻布マット
格安卸価格25万円
税込262,500円
購入希望の方はクリックしてください


カッサンドルページトップへ


ご質問、お探しの作品等がございましたら、下記にご記入ください。

ご質問、お探しの作品等がある方は必ずEメールアドレスをご記入ください
メールアドレス:
メールアドレスのご記入が無いと、ご返事をお送りできません。

メールアドレスは間違っていませんか? ありがとうございました


ご購入の手引

格安卸価格は送料込み、消費税別の価格です。
作品の到着後8日間以内のご返品は自由です。
お客様の都合による返送料はお客様負担となります

アドルフ・ムーロン・カッサンドル

Adolphe Mouron Cassandre
(1901年1月24日 - 1968年6月17日)
1901年 ウクライナのハリコフでフランス人の両親に生まれる

1915年 フランスのパリに移住する

1918年 エコール・デ・ボザールに短期間在籍して、その後
      アカデミー・ジュリアンで学ぶ
      リュシアン・シモンと知己を得るまでは絵画、とりわ
      け印象主義を学んでいた
      ごく早い段階でバウハウスに興味をもち、徐々にその
      影響を受ける

1922年 最初の広告の仕事を世に送り、このとき作家名として
      [Cassandre]と署名した
(1928年頃まではしばしば「ムーロン・カッサンドル」と署名している)

1924年 マドレーヌ・コヴェと結婚して息子アンリをもうける
      (1939年に離婚)

1925年 家具店のための広告として1923年に制作した「きこり」
      (Le Bucheron)によって万国工芸博覧会でグランプリを
      受賞し、その名を広めることとなった
      この時の評判がシャルル・ペニャとの出会いのきっかけともなる

1926年 事務所「アリアンス・グラフィック」を開設

1936年 アメリカに移住し雑誌「ハーパーズ・バザール」の為に働き
      多くのカバーを制作する(-1937)(Harper's Bazaar)
      レイモン・サヴィニャックは、彼の助手で後に独立している

      カッサンドルは長期間にわたってジョルジュ・ペニョ及
      び彼の活字鋳造所と恊働しており、ビフュール(Bifur)
      アシエ・ノワール(Acier Noir)、ペニョ(Peignot)等
      のタイプフェイスを制作している

1940年代以降は広告関係の仕事をやめ、装飾や舞台、絵画で活動
      するようになった

1947年 ナディーヌ・ロバンソンと再婚、1954年に離婚
      徐々に抑鬱的になったと見らる

1968年6月17日一度の未遂の後、にパリで拳銃自殺した 67歳没
 
 カッサンドルは初め、この職は画家として身を立てるまでの食い扶持
のために過ぎないと考えており、絵画は製作それ自身で目的になるが、
ポスターは「売り手と公衆の単なるコミュニケーション手段にすぎない」
とはっきり認めていた。
言うなればこの明瞭で読み取りやすいメッセージへの指向こそが、後に
彼のヴィジュアル・コンセプトに建築的・幾何学的構成を導くこととな
ったものであるといえる
カッサンドルはパブリシティのためのグラフィックデザインに習熟する
に連れて徐々にこれに熱中してゆき、これを「(芸術画家が)失った公
衆との回路を再発見する」手だてであると考えるようになってゆく
ページトップへ
ギャラリーダッドアート
〒143-0023東京都大田区山王1-25-14
TEL 03(5743)7366
FAX 03(5743)7365
東京都公安委員会
古物商許可第302170407573号
1@ddart.co.jp
counter