ホーム > アメリカ人作家 > ロバートハインデル >  ロバートハインデル略歴

ロバートハインデル
Robert Heindel(1938-2005)


 1938年  米国オハイオ州トレドに生まれる

 1962年  デトロイトへ移住し、アートスタジオに就職
        独学で絵画を修学する

 1963年  偶然手に入れたチケットで観賞したイギリスロイヤル・バレエ団の
        ためにショーに感銘を受け、ダンスおよびダンサーの躍動感を表現
        する筆を取ることを決意

 1968年  コネチカット州に移住
        『TIME』や『PLAYBOY』などの雑誌へイラストを寄稿

 1978年  ダンスをモチーフとした初の個展を開催

 1982年  ダラスバレエ団を題材にした作品が、全米イラストレーション協会
        よりハミルトンキング賞を受賞
        名が知られるようになり、全国で個展や展示会を開催
        その一方で、イラストレーターからファインアーティストへと転身
        欧米の著名なバレエ団から公演前のリハーサルに招かれて取材を行う
        イギリス・オランダ・日本でも作品を発表
        『ギャラリーインターナショナル』で「現代のドガ」と称された

 1986年  ミュージカル『キャッツ』『オペラ座の怪人』を描き話題となる

 2003年  肺気腫が進行

 2005年  コネチカット州の自宅で死去 享年66歳
ロバートハインデル画面に戻る