ホーム > 日本画作家 > 加山又造作品ページ > 加山又造略歴

加山又造(1927−2004)


 1927年  京都に生まれる

 1944年  京都市立美術工芸学校日本画科修了 

 1949年  東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画家を卒業、山本丘人に師事
        創造美術展に初出品

 1950年  創造美術春季展で研究会賞受賞

 1951年  この年から数年間、動物をモチーフとする作品を発表

 1956年  新制作協会会員となる

 1957年  第4回日本国際美術展で佳作受賞

 1958年  グッゲンハイム賞国際美術展で団体賞受賞

 1961年  ニューヨークのジャネット・ネスラー画廊で個展を開催。 

 1965年  琳派風の装飾屏風の制作を開始。次いで水墨画、裸婦を発表

 1966年  多摩美術大学日本画科教授に就任(〜1973、1977〜1988) 

 1968年  日航ボーイングLR機の機内壁面画を完成

 1973年  第5回日本芸術大賞受賞(新潮文芸振興会)

 1974年  「中央公論」表紙絵を制作(〜1980) 

 1975年  「加山又造展」(日本経済新聞社主催)が西武百貨店渋谷店で開催

 1978年  東京国立近代美術館から依頼された紙本壁画《雪》《月》《花》を完成

 1980年  《月光波濤》で第30回芸術選奨文部大臣賞受賞

 1982年  第1回美術文化振興協会賞受賞(美術文化振興協会)

 1984年  身延山久遠寺本堂の天井画《墨龍》と襖絵を完成
        「加山又造天井画展」(身延山久遠寺、読売新聞社主催)開催

 1988年  東京芸術大学美術学部教授に就任(〜1995)
        「加山又造屏風絵展」(日本経済新聞社主催)が東京、京都、横浜、
        大阪の高島屋で開催

 1990年  世界の著名アーティストの手による「BMWアートカー」シリーズの第9作目を完成
        北京の中央美術学院より名誉教授の称号を授与

 1992年  日本経済新聞「私の履歴書」に原稿執筆、1ヶ月にわたり掲載
        日本経済新聞社より『白い画布 加山又造』として書籍化
        新東京国際空港第2旅客ターミナル出発ロビー陶板壁画《日月四季》を完成

 1993年  「日本 加山又造美術作品精選展」が北京・中国美術館、上海美術館で開催
        「中国巡回帰国記念 加山又造展」(日本経済新聞社主催)が東京、
        京都、横浜、大阪の高島屋で開催

 1994年  「加山又造屏風絵展」が東京、福岡、心斎橋、京都の大丸で開催
        第43回神奈川文化賞芸術の部門受賞

 1995年  「KAYAMA MATAZO:NEW TRIUMPHS FOR OLD TRADITIONS」が
        ロンドンの大英博物館日本ギャラリーで開催
        「加山又造展−版画と屏風による−1953〜1996」が松山、神戸、東京で開催
        日本橋・壺中居にて「今泉今右衛門・加山又造合作陶芸展」開催
        東京芸術大学教授を退官、名誉教授となる

 1997年  英国航空の新CI導入に際し、機体尾翼などのデザイン原画《濤と鶴》を制作
        文化功労者として顕彰される。京都臨済宗大本山天竜寺の法堂の天井画「雲龍」制作

 1998年  東京国立近代美術館にて「やまと絵の心 加山又造展」開催

 1999年  井上靖文化賞受賞

 2003年  加山又造は文化勲章を受賞

 2004年  4月6日東京都内にて逝去 享年76歳
加山又造画面に戻る
カウンター