ホーム > アメリカ人作家 > 丁紹光 >  丁紹光略歴

丁紹光(1939- )
ティン・シャオ・クァン
TING SHAO KUANG


 1939年  中国陝西省に生まれる

 1962年  北京中央工芸美術学院を最高成績で卒業

 1980年  中国雲南省「申社」画会を設立、名誉会長に就任

        アメリカへ移住

 1983年  アメリカ絵画展(マーティン・ルター・キング展)にて金賞受賞

 1986年  アメリカSEGAL社と契約し、シルクスクリーン版画の制作を開始

 1992年  在米中国美術科協会の初代会長就任

 1993年  国連(WFUNA)の公認アーティストに任命

        現代の巨匠として「国際人権年」を記念したファーストデイカバーを
        発表し、世界166ヶ国に紹介。その後95年迄連続で任命される

 1996年  中国文化部より丁紹光賞が発足

 1998年  上海オペラ座に大壁画「芸術の女神」永久所蔵

        国連協会世界連盟公認アーティストとして「ビューティフルドリーマー」制作

 1999年  世界美術家年間「ベネチット」最新版(発行国 フランス)に掲載

 2001年  ドキュメンタリー「魂の画家−丁紹光・美の世界」完成
ティン・シャオ・カン(丁紹光)画面に戻る